高校時代、スト2貧乏してました

高校時代、スト2貧乏してました

現在私は40歳ですが、高校時代とてもお金に困りました。
原因は当時大流行して格闘ゲーム、スト2です。

 

しばらくすると家庭用ゲーム機スーパーファミコンに移植されましたが、アーケードと家庭用用って別物なんですよね。

 

 

 

技モーションのグラフィックは大幅カットされていたり、家庭用だと友人知人としか対戦出来ません。

 

アーケードの見ず知らずの人とバトル出来るっていう醍醐味を家庭用では味わえないんです。

 

 

結局スト2、スト2ダッシュ、スト2ターボ、スーパースト2、スーパースト2Xとずっとアーケードでやりまくってました。

 

ここで問題となるのがその費用です。

 

 

よく利用していたのは近所にある1プレイ50円のボロいゲーム屋、それと繁華街にある1プレイ100円のキレイな大型ゲームセンターです。

 

 

 

格闘ゲームって湯水のように金を使うんですよね。
1プレイ50円や100円といっても、初戦で負ければ1分で消えたりもします。
一ヶ月のお小遣い3000円は全部スト2代に消えてずっと貧乏してました。

 

 

 

それならバイトすれば?と思う人もいるでしょう。
一応高校生の時にバイトをしたことはあるんですが、門限に遅れてからバイトは一切禁止を両親から強く言われてしまった為バイトは出来ない状況だったんです。

 

 

ですので、洋服を買うお金をもらっても安いTシャツとかばかり購入し、お金を余らせてスト2代にしてました。
また、たまに今日は手抜きしたいから夕食は1000円渡すから食べて来いって言われたりもしました。

 

 

こういう時は食事をとらないようにし、全部スト2の為に使ってました。
また散髪は近所の理容店でするからと3500円もらいものの、1000円の低料金のお店を利用し散髪代を浮かせてスト2につぎ込んでました。

 

おかげで高校時代の私はものすごく痩せてガリガリでしたし、私服はTシャツ、髪は1000円カットのイケテない髪型でしたね。
借金こそしませんでしたが、高校三年間はお金はないし女性からモテないしと私の黒歴史となってます。